家賃収入の確定申告について

家賃収入も所得であり原則的に確定申告が必要なのですが、家賃収入から必要経費を引いたものが不動産所得になることと、それが赤字の場合は他の所得と損益通算ができることをご存じですか?ですから家賃収入だけでなく、必要経費もしっかりとチェックしておく必要がありますね。

家賃収入も「不動産所得」に該当しますので、所得額を明確にして確定申告をし、決められた税率に基づいた所得税と住民税を納める必要があります。「不動産所得」は、家賃収入から必要経費を引いたものです。必要経費として計上できるものには、固定資産税、管理費、修繕費、損害保険料、減価償却費、借入金の利子、賃貸管理代行手数料などがあります。そして必要経費を引いたあとに残る純粋な利益が、「不動産所得」となります。もちろん、給与所得など、不動産所得とは別の所得がある場合は、それを合算した申告書を作成する必要があります。なお、年間20万円を超えない限り、不動産所得は申告の必要がありません。一方、家賃収入より必要経費の方が多く、不動産所得が赤字の場合は、他の所得と損益通算することができます。ですから、給与の他に家賃収入があり、加えて不動産所得が赤字の場合などは、その損失分を給与所得と通算することで、税金を安くすることができます。

フォーシーズ

Posted in 不動産・賃貸情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>